1.ご臨終

医師が死亡を確認した後、親族に逝去の連絡をします。葬儀社を決めている家族は、葬儀社に搬送を依頼します。(亡くなった事だけお伝えください。日時の確認をされる場合があるため)

2.エンゼルケア

故人の姿を整えるために、メイクを施したり、闘病の跡や傷口をカバーします。
また、体を清潔にするため、タオルなどで拭く清拭(せいしき)を行います。

3.搬送

病院で死亡した場合、病院から安置場所へ遺体を搬送する必要があります。自宅や、専用の安置施設への搬送は、葬儀社が行います。

4.ご安置枕経

自宅または専用の安置施設に遺体を安置します。
自宅に安置する場合は、布団やベッドを整えます。
菩提寺がある時は枕経をあげてもらい、その時に日程を決めていきます。
初七日のタイミングや49日の日程も決めておくのがおすすめです。

5.打ち合わせ

葬儀の喪主を決め、葬儀の予算や家族の希望に合わせて、葬儀の規模を決定します。エンディングノートなどがある場合は、生前の故人の希望も確認しましょう。

6.納棺

故人を棺に納めます。
生前と同じ姿でのお別れを希望する家族は、湯灌やメイク(別料金)をお勧めいたします。
故人が愛用した品など、棺の中に一緒に納めるものは、火葬の際に燃えるもの。

7.関係各所に連絡

一般葬の場合、近所の方や会社関係者など、葬儀に参列してほしい方に連絡し、通夜、葬儀・告別式の日時や場所を知らせします。
葬儀に参列するかどうかは、相手の判断に任せます。
家族葬の場合は、親族や親しい友人・知人に連絡します。
※打ち合わせ後、可能な限り早く連絡してください。

8.お通夜

開式10分前にはトイレなど済ませ、携帯電話をマナーモードに。返礼品の受け渡し等は、お金の管理があるので親族が行います。
以前はお通夜式としての儀式を行っていませんでしたが多くの参列者が仕事の関係上、お昼の葬儀に来れないのでお通夜で「儀式」を行うようになりました。
家族葬の場合は省いても構いません。

9.開式

  • 僧侶へのお礼の挨拶、お見送り
  • 葬儀・告別式の式次第、弔辞、料理などの打ち合わせ
  • 火葬場に行く人数、送迎車などの確認と手配
  • 喪主の挨拶

通夜の後、家族や親族がろうそくの火を絶やさないよう寝ずの番をして、夜通し偲ぶことが習わしでした。
最近では、消防法の関係により、線香やろうそくの火を消さなくてはいけません。
また、家族や親族の体調を考慮し、通夜後は帰宅するご家族もいらっしゃいます。

10.おとき(お斎)

北部九州では葬儀の朝に故人様と同じお食事を召し上がる「お別れ膳」のことを「おとき」と呼びます精進料理をケータリングしてもらうこともできます。

11.葬儀 告別式

故人との最期の時間を過ごす大切なひと時。
喪主から参列者へ、故人に代わって挨拶を行います。

  • 弔電の順番などを決める
  • 僧侶を迎え、控室などへ案内する
  • お布施を渡すタイミングは葬儀前の挨拶に伺った時
  • 喪主の挨拶(葬儀式中 出棺時)
  • 故人様との最後のお別れお花入れ

12.ご出棺

お別れの儀が終わり次第、自宅もしくは斎場・葬儀場から出棺し、霊柩車に柩を乗せて旅所(火葬場)へ移動します。

  • 旅所での受け入れ時間を厳守しないと当日火葬が行えない事態が起きております。
  • 個々のお車で旅所に向かう際には事前にルート確認を行い、安全運転にて目的地へご移動ください。
  • お位牌、お写真、お骨箱を近親者の方々に持っていただきます。

13.火葬 収骨

火葬が終わるまで、約1時間半。親族や参列者は、控え室で待ちます。その間に、精進落としと呼ばれる告別式料理を囲み、故人を偲ぶこともあります。
火葬後は、親族、参列者が集まり、焼骨を骨壷に納めます。

  • 個室 or 大広間
  • お菓子屋や飲み物があった方がいいでしょう
  • 持ってきたものは全て持ち帰ります(ゴミも全て持ち帰ります)
  • 収骨前に炉の火が止まったらスタッフが声掛けしますのでお部屋の片づけとお手洗いを済ませてください
  • 収骨に参加できない方はロビーでお待ちください

14.還骨法要(当日初七日)

骨壷を自宅に持ち帰り、後飾り壇を設置します。
骨壷や白木位牌、仏具などを四十九日の納骨まで設置します。
初七日の香典を渡されるご親族様もいらっしゃいます。
その分の香典返しをあらかじめ用意する地域もあります。(おひら返し)

15.精進落とし

火葬後、または葬儀・告別式の後に設ける会食や宴席を、一般的に「精進落とし」 「精進上げ」と言います。
もともとは、仏教で肉や魚を断って精進した中陰の期間(四十九日)に区切りをつけ、日常生活に戻る宴「精進落とし」の際に、魚や肉などの「なまぐさもの」が出されたことに由来しています。
現在では死者とお別れの会、故人を偲ぶ会、僧侶やお手伝いしてくれた方への感謝の宴席など、さまざまな意味が込められています。

お急ぎの方へ

お迎え

ご連絡がありましたら、早急に寝台車にてお迎えいたします。
看護師の方にお迎え時間をご確認いただきましたら、到着予定時刻をお伝えします。
ご連絡の際には以下の事項をお聞かせください。

  • 病院名
  • 病棟・部屋番号
  • 故人名
  • 連絡先(諸事情により到着が遅れる場合などの緊急連絡先)
  • お帰り先(自宅の住所など)

ご安置・枕飾り

ご安置後にドライアイスなどのご遺体処理をさせていただきます。
また宗旨に合わせた枕飾りをさせていただきます。

打ち合わせ

ご安置後に葬儀の打ち合わせを始めます。
どのようなプランをご希望かお聞かせください。
ご要望に合わせた最適なご提案をさせていただきます。
葬儀内容や見積もりをご確認していただき変更点がなければ葬儀の準備を行います。
死亡診断書、遺影写真を作成する写真、死亡届の届人になられる方の三文判をご用意ください。